読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想いは言葉に

とめどなく日々感じたことを書いています。

全力で生きるんだ

気がついた時には生を与えられていて

生きることが当たり前とされていた

 

私はそれを当たりまえと

受け入れることができなくて

何故ここに自分が居るのかと

勝手に思い悩んでいた

 

ふと回りをみても

そんなことを悩んでいる人なんていない

 

それに気づいたらまた

何故私は悩むのかと勝手に思い悩んでいた

 

周囲の人は受け入れている事実

なにも持っていない自分

なにももっていないことを恥じている自分

周りが受け入れることを受け入れられない自分

 

焦燥、不安、嫉妬、自分の存在を受け入れられない自分、ネガティブ思考、できない、できないとあきらめてる自分

 

そんな自分を受け入れられたのは

時が過ぎたからだった